紅葉の耶馬溪のおすすめコースや駐車場と温泉を紹介

紅葉の耶馬溪のおすすめコースや駐車場と温泉を紹介

九州一というか、中国四国、はたまた全国から

紅葉の美しさを見に来る人が多いと言われる、

大分県の耶馬溪。

紅葉時期以外でも、青の洞門などの観光地と有名ですが、

紅葉は絶景かな絶景かな。

ということで、耶馬溪のおすすめコースと駐車場、

周辺の温泉について紹介します。

スポンサードリンク

紅葉の耶馬溪のおすすめコースは?

大分県は中津市にある耶馬溪。耶馬渓(やばけい)は、

大分県中津市にある山国川の上・中流域及び

その支流域を中心とした渓谷が景勝地として知られており、

日本三大奇勝や新日本三景の一つに選ばれているんですよね。

ですから、四季折々いつ行ってもその景観の素晴らしに感動する人が多く、

九州全域はもとより、中四国、果ては全国からの観光客でにびわっています。

で、当然紅葉の時期は、その艶やかさにまたまたため息が出るほど。

一生に一度は見ておきたいともいわれています。

そんな耶馬溪ですが、紅葉の綺麗なコースというと以下のようになります。

1 御霊(ごりょう)のもみじは、毎年多くのカメラマンが撮影に訪れます。

神社の参道の両側に紅葉がいっぱいです。

2 へ屋傳六(へやでんろく)のもみじは、

「へ屋傳六」という地元の素材を使った

「手作り菓子工房」の裏の紅葉がきれいです。

3 青少年旅行村の入り口付近。

裏耶馬渓に行く途中に青少年旅行村

(現在は閉鎖)の周りの紅葉ができれです。

4 裏耶馬渓は、 裏耶馬渓の紅葉です。

5 メイプルファームロードは耶馬(広域農道) 裏耶馬渓から

深耶馬溪にいく途中の紅葉がきれいです。

6 一目八景(ひとめはっけい)(深耶馬溪) 有名な一目八景です。

裏耶馬渓です。ここだけを目的の人も多くいます。

7 折戸渓谷 折戸渓谷の紅葉です。

8 耶馬溪ダム 耶馬溪ダムからの紅葉も良いですね。

9 もみじの丘 耶馬溪ダムの横にあります。

紅葉とダムの調和がきれいです。

10 渓石園(けいせきえん) 耶馬溪ダムの横の日本庭園です。

紅葉だけではなくいろいろな樹木が楽しめます。

11 青の洞門(あおのどうもん) 有名な景勝地ですね。

という11の見どころがあります。

もちろん、上に書いたように、裏耶馬渓だけ

一目八景(ひとめはっけい)だけ、青の洞門だけっていうのもあり。

時間と相談しながら、コースを検討してみてください。

なお、おすすめドライブコースとしては、

まず中津を出発して212号線を耶馬渓へ向かいます。

その後は、702号線で裏耶馬渓へ。

裏耶馬渓からは、深耶馬溪への広域農道(メイプルファームロード耶馬)で

深耶馬渓へ向かいます。深耶馬溪から折戸渓谷へ。

そして、28号線で耶馬溪ダムに行きます。

最後が212号線に戻って青の洞門です。

青の洞門はやっぱり最後にしたいもの。

というのも、青の洞門の渓谷は夕方の方が西日が岩肌に当たってとてもきれいなんですね。

ということで、コース選びに迷ったら、

このコースを参考にしてみるのも悪くないですよ。

紅葉の耶馬溪の駐車場は?

そんな耶馬溪ですが、気になるのが駐車場。

まず耶馬溪の駐車場というと、

一目八景(ひとめはっけい)(深耶馬溪)付近に大型駐車場が有ります。

中津市耶馬溪町深瀬
■電話
■アクセス 国道387号八重垣交差点より県道28号を北へ10km
■駐車場台数 250台(うち大型車10台、身障者用0台)24時間、無料
■路線名 県道28号

駐車場からは一目八景展望台まで徒歩5分(錦秋の耶馬溪) ということで、

まず迷ったらここを目指すと間違いはありません。

スポンサードリンク

紅葉の耶馬溪の温泉といえば

紅葉の帰りには温泉に入りたいっていうわがままな人も多いですよね。

はいはい、わがままなのは私だけ。でも、ちょっと気になりませんか。

耶馬溪近くの温泉というと、もみじの湯がおすすめ。

男女別の内風呂と露天風呂があり、

とくに耶馬溪の自然に抱かれた露天風呂の景観は入る価値は十分です。

八角形のあずまやふうの露天風呂と岩を組んだ露天風呂は男女日替わり制です。

耶馬渓の温泉郷でゆっくりくつろげる「純度100%の掛け流し温泉」ということもあり、

実は人気です。露天風呂は、

天下の名勝「耶馬渓」の大自然を満喫することができる自然石を使用した岩風呂です。

871-0422 大分県中津市耶馬溪町大字深耶馬2914
TEL 0979-55-2770
営業時間 11:00~19:00(入館は18:00まで)
休館日 毎週水曜日、12月31日 および 1月1日
入浴料 大人: 510円 ※中学生含む  小学生: 300円 ※就学前児童は無料
毎月26日は、風呂の日半額デー ※休館日を除く

もちろん、耶馬溪からは由布院や別府温泉など、

大分の温泉地の有名どころも近いので、

そこでゆったりと過ごすというのも有り。至福の時間をお過ごしください。

由布院温泉 由布の里 旅荘 牧場の家

今日の一言

耶馬溪というと、どうしても青の洞門をイメージしますが、

それ以外にも上に書いたように多くの見どころがあります。

私は月並みですが、やはり一目八景(ひとめはっけい)が一番好きですね。

では、良い旅を。

スポンサードリンク