スタッドレスタイヤの選び方とお勧めや時期とアルミホイールは?

スタッドレスタイヤの選び方とお勧めや時期とアルミホイールは?

今年の冬はスキーやスノボにも行こうと思っているから、

そろそろスタッドレスタイヤのことを考えないと

って思っている僕ちゃん。選び方ってあるのかな。

お勧めも知りたいし。時期はいつごろに替えるべき?

アルミホイール付って言うのもあるけど

って言う辺りを解説します。

スポンサードリンク

スタッドレスタイヤの選び方とおすすめは

スタッドレスタイヤってどうやって選べばいいの?

ってことですが、最近はオートバックスや

イエローハット等のカーショップでも、

ほとんどのタイヤは揃っているし、

メカニックも充実しているので、

まずはカーショップに行くのが良いでしょう。

で、今履いているって夏タイヤというか

ノーマルタイヤを診てもらって、

それに即したタイヤを着ければ完了です。

って言うと元も子もありませんね。

タイヤにはインチと言う大きさですね。

径の大きさがインチです。車の大きさにもよるけど、

だいたい14インチから16インチぐらいが多いかな。

軽自動車だと12インチとか13インチ。

3000ccとかだと17インチとかかな。

族車仕様だと18インチとかになるけど。

そしてもう一つ、タイヤの幅っていうのがありますよね。

185mmとか205mmとか、最近は結構みんな太くなったのかな。

1500ccクラスでも185mmぐらいあるみたい。

軽自動車も以前は145mmぐらいだったけど、

今は155mmとか165mmぐらいかな。

それらについては、タイヤの側面に書いてあるので、見てみてください。

175/65R14とか表示されていると思います。

この175っていうのがタイヤの幅。175mm、

17.5センチってこと。/の後の65Rっていうのはへん平率、

これはまた説明が長くなるから改めて。

以前は70Rぐらいが多かったけど、

最近は65Rが多いかな。

族車仕様だと40Rとかフェラーリとかだと35Rってことになります。

でそのあとの14がインチ。

ですから、14インチで幅が175mmのタイヤってことになります。

へん平率は65%です。

この3つをメモして、同じサイズのタイヤを選べばO.K.ってことになります。

その際、スタッドレスタイヤにするときは、

インチダウンをした方がいいっていう人もいます。

インチダウンっていうのは、14インチだと13インチに、

15インチだと14インチにってこと。

15年、いや20年かな?それ以上前はそういう話も確かにあって、

1サイズ下げて、その分へん平率を上げるっていう人も結構いました。

が、今は同じサイズのタイヤにするのが、

車の制動性能を最大限に引き出すってことを言われていますので、

インチダウンは考えなくていいでしょう。

タイヤサイズの見方が分からない場合は、

ショップの店員さんに車を診てもらえば大丈夫。

そのための店員さんですからね。

あとは、予算に応じてお好きなメーカーをどうぞってことですな。

っていうのも、以前、これまた10年以上前はナンチャカンチャ言っても、

結局ブリジストンって言われていました。

YOKOHAMAタイヤになると、

ちょっと制動距離が延びるとか、

トーヨータイヤになると、話にならないとか言う噂もあったりして。

ですが、最近はもうどこも性能の違いはありません。

ですから、予算と相談して決めてください。っていうのが表向きの話。

というのも、どういう乗り方をするのかによって若干変わってきます。

確かに各タイヤメーカーの性能は上がってきて、ほとんど差がなくなってきました。

が、それは初年度の話。ですから、2年目3年目になると、やはり差が出ます。

特にやっぱりなんちゃかんちゃ言っても

ブリジストンのブリザックシリーズは効きが違います。

現在長野に住んでいますが、みなさんみんなブリザックです。

ですから、雪深いところに住んでいるとか、

毎週のように滑りに行くとか、それも高速降りて何十キロも下道走るし、

山道ばかりっていうのであれば、ブリジストンのブリザックをおすすめします。

が、シーズン中数回。それも高速道路を下りてすぐのスキー場に行くぐらいっていうのであれば、

YOKOHAMAでもトーヨーでも大丈夫です。

ミシュランも人気ですが、ミシュランはヨレないので有名。

ですので、長い距離高速道路を走るのであればミシュランもあり。

ですが、その分固いですからねえ。雪深いところだとブリジストンのブリザックが最強でしょう。

ただ、その分やっぱり他者より高いです。

トーヨータイヤ何かと比べると1.5倍ぐらいします。

その分4年経ってもバッチリ止まりますけどね。

費用対効果でご検討ください。ちなみに、私は20年以上、ブリジストン愛用者です。

スタッドレスタイヤの選び方と時期は

そんなスタッドレスタイヤ、いつ買えばいいんだろうっていうのも気になるところ。

新品の場合は、だいたい100キロぐらいは慣らし運転が必要になります

。一皮むくって言う奴ですね。

ですから、滑りに行く前、雪が降る前に100キロぐらい走るころっていうのが、

替え時です。週末しか乗らないのであれば、2~3週間前ですかね。

ただし、予約は早めにしておいてください。

そんな訳で、ブリザックは結局人気ナンバー1なんです。

ってことは、売れ筋のサイズは結構早めに品切になることもあります。

10月の下旬にショップに行ったら、既に売り切れでしたってこともあったりして。

ですので、9月中には一度ショップに行って、今年の動向を探ってください。

あと、11月も後半になると結構タイヤ交換が待ち時間が長くなります。

土日は3時間とか当たりまえ。そもそも予約が入らなくなります。

ですから、11月上旬ぐらいがメドですかねえ。

長野なんかだと、11月上旬には一度雪が降りますからねえ。

その辺も考えて、予約交換時期を検討してくださいね。

スポンサードリンク

スタッドレスタイヤの選び方とアルミホイールは必要

ところで、スタッドレスタイヤにするときはホイールごと買うの?

ってことですが、ホイールごとがいいですね。

タイヤだけ買って、夏タイヤのホイールに付け替えるってこともできるけど、

そうすると、冬の間は夏タイヤはホイールがついてないので、

変形してしまう可能性があります。

夏の間は逆にスタッドレスタイヤがそうなるし。

それに、ホイール付でも今は安くなっているので、ホイール付で買いましょう。

その時にアルミホイールにする必要があるかどうかもよく聞かれます。

以前は、スタッドレスタイヤはドロドロになるし、

雪深いところに行く場合は最後の手段でチェーンを撒かないといけないから、

鉄タイヤで十分って言われていました。

が、元々のタイヤが鉄タイヤならそれでもいいけど、

特に都会の人は週末だけですよね。スキー場に行くとかは。

そうすると、これまた最近は激安のアルミホイール付で売ってること多いから、

その場合は鉄ホールと比べてみて大差なければアルミホイールでもいいと思います。

とは言っても、私の様にわざわざ見た目がいいからってことで、

受注生産のベネトンのアルミホイールとかにすると、

雪道でガタガタになってしまうので、それはお勧めしませんけどね。

カーポートマルゼン 楽天市場店

今日の一言

ということで、ここ10年でスタッドレスタイヤの性能も格段に向上したし、

アルミホイールも安くなったので、ショップでじっくりと選んでみてください。

では、良いタイヤを。

スポンサードリンク